有限会社太田造園

ブログ

☆ちちぶメープルエコツアー   blog number. 10

こんにちは、太田勝也です。

 

埼玉県の秩父に行ってきました!

仕事はお休みだったので、秩父のカエデとメープルシロップを勉強してきました。

相変わらず樹木まみれの生活です。

 

埼玉県の秩父地方では、秩父に自生するカエデの木から

メープルシロップを採取する活動が行われています。

すでに、いろんなメディアから注目され有名になっているようです。

 

その活動を見学できるメープルエコツアーに参加してきました。

このエコツアーは人気で予約がとれないとのことでしたが、

いつもお世話になっている方に、ばっちり予約してもらいました!

ありがとうございます。

 

さて、秩父のカエデとメープルシロップについて

ガイドさんからたくさんの情報を頂き、

書きたいことがありすぎて困っています。

なので、ここでは秩父のカエデについてちょっとだけ紹介します。

 

 

カエデは日本に27種類ありますが、秩父にはそのうち21種類が自生しています。

なぜ、そんなにカエデが多いのか?その答えは秩父山地にあります。

 

秩父山地は日本の中心に位置し、西と東の植生の要素が混在しています。

また標高の高低差もあり、急峻な地形という特長があります。

地質学的にも珍しく、秩父は日本ジオパークにも登録されています。

 

カエデを入口にしてみると、秩父の自然の素晴らしさを再発見することができました。

もともとカエデは林業分野では雑木、つまり役に立たない樹木として扱われているそうです。

しかし、社会構造が変わった今では、秩父のカエデはとても魅力的な樹木になりました。

 

メープルシロップはミネラル豊富で体に良い。

それに、甘いものは人を幸せな気分にさせてくれますよね。

 

あらためて樹木ってすごい!面白い!と思いました。

今後も、ちちぶメープルの活動を応援していきます。